犬と猫との多頭飼い生活を豊かにするブログ

犬の虫歯を解説!わが家が行っている虫歯予防と治療方法を紹介します

むし歯 犬

犬は虫歯にならない。

そんな話を聞いたことがあります。

しかし、正確には「犬が虫歯になるのは珍しいが、100%ならないわけではない」そうです。

動物歯科専門の病院でも、発症数の少ない虫歯よりも、圧倒的になる確率が高い歯周病に力を入れている動物歯科が多いです。

つまり、犬が虫歯になってしまうと、ちゃんと治療してくれるお医者さんはとても少ないという事になります。

そんな状況だと、愛犬が虫歯になるのは極力避けたいですよね!?

今回は犬の虫歯について調査してみました。

犬の虫歯が少ないと言われる理由

 

「犬の虫歯は存在しない」と考えられていたくらい、少し前まで、犬の虫歯は珍しかったそうです。

では、なぜそう言われていたんでしょうか?

犬が虫歯になりにくいのは、以下のようなもともとの体質が関係しているようです。

  • 犬の臼歯は尖っているから
  • 食事の糖質が少ない
  • 口内の㏗値が高い
  • 唾液にアミラーゼがない

犬の臼歯は尖っているから

 

犬の臼歯は、人間のように先が平らじゃなくて尖っているため、虫歯菌が溜まりにくい形になっています。

口内の㏗値が高い

 

人間の口の中は虫歯菌が繁殖しやすい弱酸性で㏗値が6.5です。

犬の口の中は弱アルカリ性で㏗値が8.0~8.5以上です。

虫歯の原因となるミュータンス菌が棲みつきにくい環境のため、虫歯にはなりにくいんだそうです。

人間と同じで、歯垢(プラーク)にミュータンス菌が棲みついて、糖分を栄養に酸を出します

この酸が、歯の表面のエナメル層を溶かして穴をあけてしまう

これが虫歯ができるしくみです。

人間でも、歯磨きをあまりしないのに虫歯がないという人は、ミュータンス菌を持っていないという理由があります。

唾液中のアミラーゼがない

 

人間は、アミラーゼがあることで、デンプンが糖質に変換されます。

犬はそのアミラーゼがほとんどありません。

口の中に虫歯のエサになる糖があまり存在しない為、虫歯になりにくいと言われています。

虫歯になりやすい歯はあるの?

犬 あくび 虫歯

犬の上顎と下顎の一番奥(後臼歯)の特に内側が、虫歯になり易い場所と言われています。

この部分は、歯垢が溜まりやすく、歯周病にもなり易い歯です。

あくびをしている瞬間を狙って観察しましょう。

歯が黒っぽくなっていたら虫歯の可能性があります。

犬の虫歯の治療

 

犬が虫歯の歯科治療を行う際は、全身麻酔が必要になります。

虫歯が小さい場合

 

犬の虫歯の治療は、人間と同じように虫歯になっている箇所を削って、詰め物をする治療方法です。

虫歯が歯髄まで達している場合

 

虫歯が歯髄まで達している場合は、ほとんどの動物病院や動物歯科では抜歯を勧められると思います。

しかし、少数ではありますが、人間の歯科のように、歯の根っこの治療をして、被せ物をつけてくれる動物歯科もあります。

虫歯になった時の病院の選び方

 

犬の虫歯を治療できる病院は案外少ないと冒頭でお話ししましたが、

虫歯だけでなく、多くの病院で対応している歯周病の治療も、人間の治療と比べると格段に劣っている病院が多いと耳にします。

理由としては、設備を整えるのが難しい上に、獣医教育の中で獣医歯学について十分な教育体制がないとう背景があるからです

残念ながら,現在,日本の獣医学教育の中で獣医歯科に関しては十分な教育体制ができているとはいえません。

一般的に,犬や猫を対象とする小動物臨床医は,大学を卒業して約7~10年間,動物病院や大学病院などで研修医や勤務医として臨床経験を積んでから開業しています。

研修した動物病院が獣医歯科に力を入れている場合は,さまざまな口腔・歯科疾患の診断・治療などの経験を積むことが可能ですが,

そうでない場合は十分な経験を積むことは困難です。

したがって,歯科医師から観た場合,動物病院での歯科治療は,人と比較して知識や技術が十分でないと感じられるかもしれません。

現在,獣医師免許は農林水産省,歯科医師免許は厚生労働省の管轄ですので,獣医師が人の歯科治療を行えないのと同様に,

歯科医師が動物の歯科診療を行うことはできません。実際に犬や猫の歯科医療を行う際には獣医師免許が必要となります。

引用:公益社団法人 日本獣医学会

人間の歯科医師は、獣医師免許がないと動物を診れないし、

獣医師免許だけでは、獣医歯科に対して十分な教育が行き届いていない。という事になります。

なので、

虫歯になったら→抜歯するしかない。

歯周病になったら→抜歯するしかない。

そういう方法で治療する動物病院が多いんですね。

初めはこんな病院に連れて行きましょう

 

初めに連れて行った病院で抜歯されてしまったら、もう元には戻せません。

一回で解決しようとせず、いくつかの病院に相談してみて、その方法が愛犬の今後に良いのか?

十分検討してから決める事をおススメします。

連れて行く病院は、以下のポイントをふまえて探しましょう。

  • 抜歯以外の治療法を提案してくれる病院
  • 虫歯治療の臨床経験を積んでいて、治療症例の多い病院
  • 歯科治療の設備が整った病院

抜歯をするしかない」という診断を受けた経験をお持ちの方や、あるいは「加齢とともに歯が抜けるのは仕方がない」「犬は噛んで食べないので歯がなくても問題ない」という説明を獣医から受けた方もいらっしゃるかと思います。

結論から申し上げると、それらの情報は全て間違っています。人間の歯科医に聞いてみれば、間違いなく同じ答えが返ってくるでしょう。

抜歯は『治療』ではなく、手がつけられない程に病状が悪化してしまった場合にやむを得ず決断する『最終手段』なのです。

犬の歯の病気が多いとはいえ、抜歯せざるを得ないケースというのは、その中のほんの一握りの割合に過ぎません。

それでも全国ほとんどの動物病院で『治療』と称する抜歯が横行している事は、獣医に本当の意味での歯科治療が出来ないという事の裏付けと言えるでしょう

引用:犬の歯医者さん

治療費用は1回1万円以上かかると思っていいと思います

(わが家の愛犬が通院している動物歯科も歯石取りに毎回約1万円かかってます)

病院や保険内容によってはペット保険が適用されるので、犬の年齢や状態を考えて

ペット保険に加入したほうが、結果的に安く治療できる場合があります

\保険料試算も簡単!/

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求

犬が虫歯になった時の兆候としぐさ

 

口の中に何か問題がある場合の仕草なので、虫歯以外に歯周病などの可能性もあります。

いずれにしても、歯茎が腫れていたり、目に見えて様子が以前と違う場合は、

ある程度症状が進行していると思われますので、なるべく早めに受診しましょう。

歯が茶色/黒くなっている

 

虫歯の初期段階では、幹部が茶色っぽい色になります。

それが進行すると、色がより黒っぽくなり、結果穴が開く、というのが見た目の変化です。

歯が黒かったり、穴が開いていたら虫歯の可能性が高いです。

片側だけで咀嚼する

 

口腔内にトラブルを抱えている為、痛い側で噛めない状態です。

その他、うまく噛めずに食べこぼしをしてしまったり、ごはんを残すようになったり、柔らかいフードを好むようになった場合も何らかの原因があると考えられます。

虫歯だけでなく、歯周病の可能性も考えられる症状です。

虫歯がある所を触られるのを嫌がる

 

虫歯があって口元が痛いと、その箇所に近い場所を触った時、嫌がったり怒りっぽくなったりする場合があります。

虫歯だけでなく、歯周病の可能性も考えられる症状です。

犬の虫歯を予防する方法

 

虫歯防ぐ方法

かつて犬は虫歯にならないと言われていましたが

現在虫歯になる犬がいる理由は以下の点だと考えられます。

犬は人と生活をする中で人のものを食べること、また奥歯に人とおなじような臼の形状の歯があるため、まれに齲蝕が見られることがあります。

引用:たるの動物診療所『動物歯科治療について』

では、どのような予防をしたら良いのでしょうか?

まとめてみました。

歯磨きを習慣にしましょう

 

虫歯は歯垢(プラーク)と、ミュータンス菌がおおもとなので、

歯垢(プラーク)をしっかり取り除くことで、虫歯の予防ができます

ガーゼ等を指に巻くやり方だと、歯と歯茎の間や、歯と歯の溝の掃除がむずかしい為、

「歯ブラシを使って下さい」とおっしゃる動物歯科の先生の方が圧倒的に多いと思います。

ガーゼを使う方法は、歯ブラシに慣らすため(口元を触るのに慣らすため)の練習としては有効と言えそうです。

歯ブラシは、できれば人間と同じように毎食後することが望ましいです。

毎食後が難しい場合は、1日1回、無理なら2日に1回、習慣化することが大切です。

ワンちゃんのお口の環境だと、3日で歯石になってしまうので、早めにブラッシングをしておいた方が歯垢(プラーク)を落とすのが簡単です。

この習慣があると、成犬の80%がなるという歯周病も防ぐことができます

クラプロックス 説明書歯周病でお悩みの超小型犬に最適な歯ブラシCURAPROX サージカルメガソフト

柔らかくて甘い食べ物を与えるのは控えましょう

 

甘いものが大好きなワンちゃんが多いのではないでしょうか?

愛犬の喜ぶ姿がかわいいから、つい自分が食べているパンやおやつを与えていませんか?

犬が虫歯になる理由の一つとして、人間が食べるものを頻繁に食べさせていることがあげられています。

犬が大好きな甘くてふわふわしたものは、歯にべっとりとくっつきやすいので注意が必要です。

甘くて柔らかいものは、バースデーや特別な日だけと決めて、

与えた後はしっかり歯磨きをしてあげましょう。

テぺ4犬の歯周病を予防する歯磨き!スウェーデン製の歯ブラシ『TePeテぺ』が最適です

まとめ

 

今回、犬の虫歯は歯周病と比べて発症する子はとても少ないということがわかりました。

しかし、虫歯らしき黒くなった歯を見つけたり、今までと違う様子に気付いたら

できるだけ早めに専門医に連れて行ってあげてくださいね。

歯周病わが家の愛犬が歯周病になりました!症状と行った治療方法を紹介します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です