犬と猫との多頭飼い生活を豊かにするブログ

ふきを使った簡単レシピ!ふきの煮物をつくってみました

ふき煮物 完成

昔実家で生活していた時、庭でふきがとれると、親によくふきの煮物を作ってもらいました。

スーパーでふきを見かけると、ついつい懐かしくなり購入してしまいます。

ふだんはお惣菜コーナーのふきの煮物を買っちゃっていましたが、今回はふきの煮物作りにチャレンジ!

今回作ったふきの煮物が、おいしかったので作り方をご紹介します♪

料理中、ディルが「何してるの?おやつくれる?」といっているような顔をして

足元でずっと待ってくれています。

なんてかわいいんだ!

ディル ふきの煮物 料理中 待ってる

あっさりしたふきの香りが楽しめる ふきの煮物レシピ

 

それでは、ふきの煮物作りスタート♪

まずは、私の親から聞いた『おいしいふきの選び方』

  • 葉がきれいで、鮮やかな緑色
  • 茎は全体的な太さが均一で、太めが良いです
  • 張りがあって切り口が乾いていないもの

私が買ったのはけっこう細目で太さもまばら (^^;

まぁいいです!気を取り直して、買ったからには作っていきます!!

あく抜き

 

私の親は、板ずりも水につけてあく抜きもしてないという話でした。

私は、あく抜きはした方がいいんじゃないかと思い、あく抜きしようと思います。

長いふき15本くらいを適当な長さに切り、まな板の上において、塩大さじ2で板ずりします。

手で軽く押さえながら全体に塩がいきわたるように少しずつ転がします。

この作業をしておくとあくが抜けやすくなり、色を重視する方はきれいな色に仕上がるのでやっておきましょう。

ふきの煮物 板ずり 方法

水を沸騰させて、塩がついたままのふきを5分ゆでます。

ふきの煮物 ゆでる

きれいな緑色になったら、冷水にとり粗熱をとります。

ふきの煮物 冷水にさらす 流水 氷水

私は流水で祖熱をとりましたが、氷水につけるという人もいるようです。

ふきの皮をむく

 

ふきの端から少しずつ皮をつまみ、一気にむきます。

なかなかめんどうな作業ではありますが、頑張りましょう!

ふきの煮物 皮の向き方

このあと、時間があれば一晩水につけておきます。(冷蔵庫に入れておきます)

味付け

 

なべに調味料を入れます(以下はふき200gに対しての調味料量になります)

しょうゆ 大さじ2(私は普通のしょうゆにしましたが、うすくちしょうゆにすると、きれいなみどり色になります)

みりん 大さじ2

酒 大さじ4

水 400cc

だしの素 適量

沸騰したらふきを入れ、落し蓋をして弱火で煮汁が半分になるまで煮ます。

かつおぶしを1パック加え、軽く混ぜたら出来上がりです!

ふきの煮物 味付け

なかなか田舎風のいい仕上がりです

^^美味しそう

ふきの煮物の保存

 

だいたい冷蔵庫で一週間は保存できるそうです。

ふきの煮物 保存方法 期間

わが家は三日もたたないうちに完食してしまいましたー!

それと、ふきをゆでている間にいただき物の銀杏を殻割りして、一緒に食べようかなと思います。

銀杏 殻むき

ぎんなんはいつも写真右手のヘンケルスのはさみの真ん中で割っています、お気に入りの便利グッズのひとつです。