犬と猫との多頭飼い生活を豊かにするブログ

メゾンカイザーのおすすめパン3選!日本一美味しいと思っているパンをレビューします

メゾンカイザー フーガス キュルキュマ フラン

めろん

メゾンカイザーのパンってほんとおいしい。
はいはーーい!!あたしもパンだいすき♪

シナモン

ディル

おいさんが毎朝こっそりくれるんだよね♪
おいおい、ディル、言っちゃまずいぞ!?

おいさん

めろん

おいさんあとで話あるからね!
まったくこまったひとたちにゃ~、猫用のパンはあるかにゃ?

ラスティ

私はもともとパンが大好き!

その中でもメゾンカイザーのパンは、日本で一番おいしいと勝手に思っています。

何年か前に出版されたムック本を買うくらい、大好きなパン屋さん。

メゾンカイザー ムック本

前の職場があった建物の中に入っていて、スタンプカードがすぐにいっぱいになるほど通っていました。

フランスで美食の街と呼ばれるリヨンに住んでいた時に、パンやお菓子のおいしさに感動してしまった過去があります(*´з`)

その時からパンとお菓子はリヨン(フランス)のおいしさを基準(?)に決めてしまう傾向があるんです。

MEMO

フランスの第二都市リヨンとは

1965年以降ミシュランの3つ星を50年以上もとり続ける『PAUL BOCUSE(ポールボキューズ)』本店や、セカンドライン(少しリーズナブル)の『Le Nord』が4店舗あります

1953年創業のショコラトリー(チョコレート屋さん)『Bernachon(ベルナシオン)』はリヨンに1店舗しかないので、普段はリヨンでしか食べれないショコラ界のトップを走り続けるお店。

「ガトー・プレジダン」というチョコレートケーキは、ポールボキューズ本店でも食べる事ができます。

日本の皆さんはガトー(ケーキ)やパレドールを注文されるようですが、

私のおススメは断然chocola chaud(ショコラ・ショ/日本語だとホットチョコレート)!!

「歴史のある本格的なチョコレート屋さんのホットチョコレートって全然別物!」って驚く事間違いなし!です。スプーンでちょっとづつしか飲めないくらいの濃厚さです。

私はMassénaという町(ベルナシオンがある街)に住んでいたからか?周りにはおいしいお店しかありませんでした。

日本では、ベルナシオンの一部商品をsalon du chocola(サロン・デュ・ショコラ)や、百貨店などで、バレンタイン期間だけ食べたり、購入できたり(開店と同時に完売の場合が多い)しますよ。

ベルナシオン 伊勢丹 サロンデュショコラ

⇑伊勢丹新宿店のサロン・デュ・ショコラに行った時の写真。

併設のカフェで、パレドールをいただきました。

フランスの味が味わえると思うとついつい買っちゃう。

そんなわけで、大好きなメゾンカイザーについて書きたいと思います。

 

メゾンカイザーについて

 

もともとは 銀座にあるあんパンで有名な『木村屋』の御曹司が生命保険会社に勤めたあと、父親に「パンのことをまったく知らない人間に、考えうる限りの最高の英才教育を施したら、どんなパン屋を作るのか見てみたい」という意向でアメリカへ渡り、米国立製パン研究所(AIB)へと派遣。

コンテストで出会った50年に一度出るか出ないかといわれるほどの天才エリックカイザーさん(パリにエリックカイザーというパン屋が1996年にできている)と出会い、フランスで彼のもとで修行し 日本に帰る際に日本でフランスで売っているようなパン屋を作りたいと話したところ、日本で一緒にパン屋を開こうという話になったそう。

出典: e-MOOK 宝島社 メゾンカイザーのパンの本

メゾンカイザーをすきな3つの理由

 

私の中では、3つめの、『フラン』という商品が置いてあるところが

「わかってるね~」と思う嬉しいポイントです。

  • 天然酵母を使っているところ!
  • 食感と味のバランスが最高です!
  • フランスのパン屋さんには、ほとんどあるフランという商品があるところ!

メゾンカイザー コーヒーと フラン キュルキュマ

(左)フラン

『フラン』とはフランスのブロンジュリー(パン屋さん)ではお値段もお手頃で、分厚くて、ボリュームがある定番商品です。

以前は日本の某ケーキ屋さんで1度だけ見かけたことがあって感動したのですが、最近は見かけない気がします。

日本ではなじみがないからか?

最近は見かけが華やかでフォトジェニックなのが流行っているからか?

見かけが素朴でシンプルだから売れない、もしくは利益にならないんでしょうか。

本当においしいのに残念です;

味はかんたんにいうと脂っこくないプリンタルト、大好きでした。なつかしい味です。

日本のパン屋さんでも定番になってくれないかな。

メゾンカイザーでいつも買ってしまうパン

 

メゾンカイザー フーガス キュルキュマ フラン

左から時計まわりで紹介します。

fougasse(フーガス)

 

ばっくり日本的に言えば、ピザパンのようなパン。

そもそもは、南フランス発祥らしいです。

昔は、パン焼き釜にこのパンをちぎり入れて釜の中の温度を計っていたため、“灰に埋めて焼いたパン”という意味の「フーガス(Fougasse)」という名がついたそう。

インドだとナンみたいな感じなのでしょうか?

文化によって同じようでも違うものになって面白いですよね?

このパンはトマトソースとチーズの酸味と塩味、生地とおいしさのバランスが抜群のお総菜パンでおススメです!

curcuma(キュルキュマ)

 

クルミパンやいちじくのパンも食べましたが個人的にはこれが一番おいしいと思います。

特に日本ではあまりどっさり使われない(欧州だとアーモンドよりヘーゼルナッツが主流)なつかしのヘーゼルナッツとクルミがふんだんに使われておます。

生地にはターメリックが練り込まれていてナッツ好きにはたまらない!

皮はパリッと、中はきめ細かく、甘みと香ばしさ、鼻に抜けるいい香りがなんともまとまっていておすすめです◎

ちなみにcurcumaキュルキュマの意味はウコン。アラビア語でウコンを意味する كركم (Kurkum) からきて、語源は「黄色」

flan nature(フランナチュール)

 

3つ目は、メゾンカイザーが好きな理由についてでも書いた、フランナチュールです。わたしはナチュール(プレーン)の味が好きですが、チョコレート味もありますよ^^

まとめ

 

フォションやポールボキューズのパンも美味しいと思いますが、ボリューム、値段、味、品質、品揃え のトータルだと、私はメゾンカイザーが一番だと思っています。

個人的な感想ですので、参考程度にしてくださいね(*´з`)

パンやお菓子は、大好き過ぎて今までたーくさん食べ過ぎたので、最近は、小麦粉や砂糖を控えて生活しています。

それでもお店を見かけると買わずにいられにゃい

(*^_^*) パンばんざーい

めろん

あ~家の近くにメゾンカイザーがなくて本当に良かった!!
参考 メゾンカイザー オフィシャルウェブサイト