犬と猫との多頭飼い生活を豊かにするブログ

犬が食べてはいけない食材とオススメの食材を紹介します

犬 食材 NG OK

人間がおいしそうに食べているのを、つぶらな瞳で欲しそうに見つめている愛犬。

「これ、食べさせて良いのかな?」と思った事はありませんか?

わが家では、ごはんのトッピングを手作りしています。

新しい食材をトッピングする時は、食べても大丈夫な食材か、調べながらトッピングしています。

今回の記事は、犬が食べてはいけない食材とオススメの食材をまとめてみようと思います!

ごはんまだ?

あげる前の注意点
  • アレルギー食材にあたるものは避けましょう。
  • 初めてあげる食材は少しづつ与えるようにしましょう。
  • 基本的に種や皮は与えないように気を付けましょう。
  • 糖分が多い食材は、与えすぎないようにしましょう。

*食べてはいけない食材を、愛犬が食べてしまった事に気付いたら、出来るだけ早く病院で診てもらいましょう!

フルーツ

ディル りんご

犬に食べさせてはいけないフルーツ

 

ブドウ、マスカット、レーズン、イチジク、プルーン、アボカド

ブドウ、マスカット、レーズン、等

ブドウは急性腎不全を発症し、死に至る可能性もある、とても危険なフルーツです、犬の手が届かない場所で管理しましょう。

どんな種類のブドウであっても、中毒のになると言われています。

ブドウが入った加工食品(パン、クッキーなど)にも注意して与えないようにしましょう

イチジク

イチジクに含まれるソラレンは、下痢、嘔吐などの中毒症状が発症する可能性があります

イチジクに含まれるフィシン(切ると出てくる白い液体)という成分は脱水症状、口内のかゆみやかぶれ、よだれなどの中毒症状を引き起こすと可能性があります

プルーン

プルーンはカリウムが沢山含まれています。

特に腎臓が弱っている犬にはカリウムが多すぎて腎臓に良くないです。

「カリウム血症」(血液中のカリウム濃度が高い状態のこと)になってしまう可能性がありますので、与えないようにしましょう。

はかせ

NG食材はドライになっていてもNGなので、注意しましょうにゃ!

アボカド

犬に害を及ぼす可能性があるのはアボカドの果肉ではなく、種や皮、葉です。

これらはパーシンと呼ばれる物質が含まれ、これが嘔吐や下痢を引き起こします。

引用:ロイヤルカナン『犬が食べてはいけない危険な食べ物』

めろん

アボカドって果物だったのっ!!?
グレープシードオイル、アボカドオイルも避けましょうにゃっ

はかせ

犬にオススメのフルーツ

 

すもも、いちご、りんご、桃、りんご、びわ、あんず、さくらんぼ、バナナ、キウイ、パイナップル、メロン、みかん、オレンジ、グレープフルーツ、スイカ、柿、梨、アセロラ、クランベリー、ブルーベリー、カシス、クコの実、アサイー、ブラックベリー、栗、マンゴー、ライチ、等

皮や種は取り除いて、すりおろしたり食べやすいひと口大に切ってあげましょう。

いずれも、少量を、添加物のない(砂糖やヨーグルトなどついていない)状態であげる程度にしておきましょう

おいさん

すもも、いちご、りんご、桃、りんご、びわ、あんず、さくらんぼ、等のバラ科の植物にシアン化合物(青酸化合物)が、葉や茎、種に含まれているので、種は必ず取り除きましょう

実に含まれる有毒物質はわずかといわれています。実の部分を少量与える程度にしましょう。

野菜

にんじん

犬に食べさせてはいけない野菜

 

じゃがいもの芽、玉ねぎ、長ネギ、ニラ、ニンニク、らっきょう、ホウレンソウ、ニンジン、等

じゃがいも芽

じゃがいもの芽にはソラニンという有害物質が含まれています。皮が緑色になっていたら、その部分も取り除きましょう。

玉ネギ、長ネギ、ニラ、ニンニク、らっきょう、等

ねぎ類に含まれている成分が犬の血液の中の赤血球の膜を酸化変形させ破壊してしまうことで、溶血性貧血を引き起こします

貧血、血尿、下痢、嘔吐などの症状が現れ、場合によっては死に至ることも。

めろん

オニオンパウダー、オニオンエキスも同様に危険!生も加熱してもNGです。

ホウレンソウ

ホウレンソウにはシュウ酸が多く含まれており、尿路結石の原因になると言われています。

茹でるとシュウ酸は水に溶けだすので、茹でてから少量をあげるようにしましょう

シュウ酸が溶け出したゆで汁は捨て、茹でる時に塩を加えたりしないようにしましょう。

ニンジン

生のままだと、他のビタミンCを壊してしまうので、加熱して酵素の働きを抑えてあげれば問題ありません

犬にオススメの野菜

 

かぶ、かぼちゃ、きゃべつ、きゅうり、スプラウト、トマト、大根、大根の葉、白菜、小松菜、モロヘイヤ、さつまいも、じゃがいも、里いも、れんこん、ごぼう、等

 

きゃべつ、きゅうり、スプラウト、トマト、大根、白菜は、生のままですりおろしたり、ひと口大に切ってあげても大丈夫と言われています。

その他の野菜は、加熱して食べやすい大きさに切ったり、マッシュするなど食べやすいように工夫して少量を与えるようにしましょう。

穀物

穀物3種

小麦、イネ(米)、トウモロコシ、ムギ、アワ、マメ、キビ、アマランサス、キヌア、等

穀物は生の場合、アミラーゼを分解できない為、消化しにくいと言われています。

穀物自体は熱を通して糊化させれば消化の問題はなく、メインの食材にしないのであれば、犬に悪い食材ではありません

カロリーは高めなので、与える量に関しては少量にしましょう。

きなこごま甘栗も加熱処理された無添加の状態であれば、少量あげたり、手作りおやつに混ぜてもOKと言われています。

量が多すぎると、消化不良、嘔吐の原因になります。

大豆が原材料の豆腐、無調整豆乳(砂糖などの添加物のない豆乳)、湯葉などもあげて良いとされています。

豆腐は温めてあげた方が体を冷やさないのでいいそうです。

キノコ類

 

舞茸、しいたけ、えのき、えりんぎ、しめじ、なめこ、マッシュルーム、等

人間の食べるキノコ類は犬が食べても問題ないと言われています。

皮ふや粘膜を保護するビタミンB群、カリウム、鉄分も多い。

ゆでて細かくするか、フードプロセッサーで粉砕して与えて

引用:『愛犬のためのかんたんトッピングごはん』pg.12

消化に悪い食材になりますので、火を通して少量を与えるようにしましょう

その他の食材

コーヒー

犬に食べさせてはいけない食材

 

カカオパウダー、チョコレート、ココア、お茶、コーヒー、紅茶、アロエ、アルコール、香辛料、唐辛子、こしょう、マスタードなど、牛乳、ヨーグルト、いか、タコ、カニ、エビ、骨、生の卵白、園芸植物や観葉植物、等

カカオパウダー、チョコレート、ココア、お茶、コーヒー、紅茶、等

チョコレートに含まれるテオブロミンは犬にとって強い毒性があります。

テオブロミンは、カカオ豆に含まれるので、カカオ豆から作られるチョコレート、ココアなどに含まれ、コーラやお茶にも入っている成分です。

心拍数の増加、てんかんのような症状が表れる。心不全で死亡した事件が何件もあるそうです。

カフェインも犬にとっては良くありません。

心筋、中枢神経を刺激し、酵素を抑制するなど、様々な臓器への影響があります。

お茶、コーヒー、紅茶、コーラの他に、エナジードリンク、炭酸飲料にも含まれている可能性があります。

症状は嘔吐、下痢、不整脈、ふるえ、麻痺など、死に至る昏睡状態になる場合もあります。

ディル

飼い主さんの飲み残しがそのまま置いてあると危険ですっ!!飲み残しは犬が飲めない場所で保管するか、捨ててしまいましょう。

アロエ

「医者いらず」といわれ、人間には良いとされるアロエ。

わんこの場合、胃炎や下痢、ごくまれなケースで腎炎を起こすことも。

常食・多食しなければ問題は少ないが、基本的にはNG。

引用:『あなたのわんこの幸せ寿命がのびる!トッピングごはん実践BOOK』pg.33

アルコール

人間とは異なり、犬の腎臓はアルコールを効果的に処理することが出来ないため、医学的問題を引き起こす可能性があります。

犬にとっては新鮮できれいな水が最適です。

引用:ロイヤルカナン『犬が食べてはいけない危険な食べ物』

刺激の強い香辛料は、胃腸を刺激して下痢を招くことがある。また、消化吸収の過程で肝臓や腎臓に負担をかける恐れもある。

引用:『かんたん手づくり犬ごはん』pg.69

犬が消化し難い、胃に負担をかける食べ物です。

下痢や嘔吐の原因にもなります。

みるくであれば、牛乳ではなく犬用のヤギミルクを与えましょう。

なお、かに、えびなどの甲殻類はビタミンB1を壊してしまう成分も含まれています。

特に加熱した鶏の骨などは、鋭利にとがっているので、丸のみしがちな犬が食べると胃の粘膜などにささる可能性があり危険です。

歯が欠けたりする恐れもありますので、生の小さい骨であっても与えない方が安心です。

生の卵白

生の卵白は、皮膚炎、結膜炎を起こしやすい食材です。

加熱すれば問題ないとされています。

卵黄は生でも大丈夫だそうです。

犬と猫が植物を食べる理由と、食べると危険な植物18種を紹介します

犬にオススメの食材

 

オリーブオイル、サーモンオイル、アマニ油、サツマイモ、タラ、鮭、ホタテ貝、おから、豆腐、等

オリーブオイル、サーモンオイル、アマニ油、等

オリーブオイル、サーモンオイル、アマニ油は、ドッグフードにも使用されている事もあるオメガ3、オメガ6を含む健康に良い油で、与えても問題ない食材と言われています。与えすぎは下痢の原因になります、カロリーも高いので10㎏以下で小さじ1/2程度にしましょう

めろん

ココナッツオイルは賛否両論あり、まだ犬に良いのか確実にわからないので、控えた方が良さそうです。

タラ、鮭、ホタテ貝、等

1~2分ゆでて、ゆで汁といっしょに与えましょう。

無塩のものを選びましょう

おから、豆腐、等

消化吸収が良く、胃に優しい食材です。

良質で低脂肪のタンパク質は肝機能の弱まりを補ってくれます。

体を冷やす作用があるので、温めてから食べやすい大きさにしてあげましょう

まとめ

トッピング

「犬にはドッグフードだけあげておけば安心、あえて人間が食べるものや犬猫のおやつをあげるのはいけない。」

という話を聞いたことがあります。

しかし「ドッグフードだけだと体に良くない、手作りごはんの方が寿命が延びる。」っていう話も聞いてしまったんですね。

ドッグフードなしの手づくりごはんに関しては、毎食栄養バランスのとれた犬用ごはんを手作りする自信がないので断念!

かといって、ドッグフードのみというのもどうなのかと悩み、

結果、わが家では全て手作りではないけど、ドッグフードのみでもない中間のトッピングごはんに落ち着きました。

その時家にある食材で、犬猫たちが食べられる食材をトッピングするだけなので、飼い主にも犬も無理のない着地点だと思っています。

気軽にできるので、おススメですよ。

ローストナッツの作り方 オーブン犬と猫にナッツをあげると中毒を起こして危険!危険度の高いナッツの種類と理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です