犬と猫との多頭飼い生活を豊かにするブログ

犬にも日光浴は必要です【犬の日向ぼっこ】効果と注意点!

ペキプー スコティッシュフォールド 日光浴

日光浴が気持ちいい季節がやってきますね!

しかし昨今の強い紫外線は、犬が浴びても大丈夫なのか気になります。

めろん

もちろん私は徹底防御してます!ベランダに出るときは、お面のようなサンバイザーが欠かせません

人の場合、紫外線を過度に浴びる事は、様々な悪影響があると言われています。

しかしその反面、紫外線はビタミンDを作って骨を強くする、肌の殺菌をする、新陳代謝を高める、精神を安定させるなど、メリットも沢山あります。

では、犬にとって日光浴などで紫外線を浴びる事は、良くない事なのでしょうか?それとも必要な事なのでしょうか?

一日中カーテンを閉めた部屋でお留守番。

犬の散歩は、会社から帰ってから夜に行く飼い主さんって、意外と多いのではないでしょうか?

私も、愛犬には申し訳ないと思っていたのですが、休日以外はそんな感じでした。

今回の記事は、日光浴する事は犬の健康上どうなのか?

日光浴は犬にとって

良いことなのか?

それとも悪いことの方が多いのか?

犬の日光浴について書こうと思います。

犬の日光浴(日向ぼっこ)効果と注意点!

 

犬にとっても、人間同様に過度な日光浴で紫外線を多く浴びるのは、良くないと言われています。

犬も、強い紫外線によって皮膚にダメージを受けるそうです。

皮膚炎や皮膚ガンになるリスクが有るのだとか。

特にトリミングで毛を短くして、日光が直接肌に当たる時は注意が必要です。

紫外線の多い時間帯に、犬の散歩をするのは避けた方が良いですね。

しかし、冒頭でもお話しましたが、日光浴で紫外線に当たることは、悪いことだけではありません。

犬の身体に、大事な働きをしてくれるメリットも多くあります。

以下で日光浴の効果と注意点を紹介します。

日光浴の効果

 

  • 犬は人間と同じように日光浴でビタミンDを合成できると言われています。
    ビタミンDはカルシウムの吸収を助けてくれるので、骨粗しょう症の予防になります。
  • 紫外線には殺菌効果が有ります!
    適度な紫外線はノミ、ダニの殺菌、皮膚病予防になります。
  • セロトニン(別名幸せホルモン)が分泌され、自律神経を整える事ができます。
  • 成長ホルモンが活性化される。
  • 筋肉の組織を維持する事ができます。

などなど、日光浴で紫外線を浴びる事は、犬にとって多くの効果が有ります。

犬 日光浴

日光浴の注意点

 

多くの効果がある日光浴ですが、やはり過度に紫外線を浴びる事は良くありません。

適切な紫外線の量を調整してあげましょう。

  • 過度な日光浴は皮膚炎や皮膚がんのリスクを高めてしまいます。
    日光浴の適度な時間は1日30分から1時間ほどです。
    季節と気温により変わりますので、適度な時間や時間帯を心がけましょう。

また、紫外線と直接関係はありませんが、日光で暖められた地面や金属などで、犬が火傷をするデメリットなどもあります。

真夏の昼間などに、犬を外に出すときは、気温にも気をつけましょう。

ディル

日にあたる散歩は大好きだけど、肉球をやけどしちゃうから、真夏にアスファルトでの散歩はやめてね。

また、外で日光浴する時は、ノミやダニなどの予防にも気をつけましょう。

わが家では、飲むタイプの薬で対策しています。

アイキャッチ ネクスガード スペクトラわが家では、愛犬のノミ・マダニ駆除とフィラリア予防は、ネクスガードスペクトラで対策しています

犬のオススメ日光浴方法

 

わが家には、犬用の日光浴スペースが何箇所かにあります。

犬は日光浴が大好きです。

目を細めて、気持ち良さそうに日向ぼっこしていますよね。

しかし、日差しが強い日などは、紫外線を浴び過ぎるのが心配になります。

愛犬から長い時間目を離すときは、紫外線を浴びすぎないように、窓にレースカーテンを引いたりして工夫をしてあげます。

ベランダに出して日光浴させてあげる場合は、サンシェードなどで、過度な紫外線を和らげてあげましょう。

わが家の日光浴風景を紹介しますね。

室内での日光浴方法

 

わが家の日光浴方法を紹介します!

室内では、こんな様子で日光浴しています。

犬のお気に入りの日光浴スペース。

愛犬(シナモン)は、おすわりしたまま目を細めてじっとしています。

ペキプー ひなたぼっこ

キモチイイワネ

愛犬(ディル)も、日にあたりウトウトしています。

トイプードル 日光浴

ウトウト

ラスティは、日光浴の順番待ち。

トイプードル スコティッシュフォールド 日光浴

マダカニャ

ラスティも日光浴は大好きです。

猫 日光浴猫にも日光浴は必要です【猫の日向ぼっこ】効果と注意点!

ベランダでの日光浴方法

 

ベランダでは、こんな様子で日光浴しています。

シナモンはベランダが大好き!

室内と同じ様子で日光浴しています。

真夏は地面がかなりの高温になるので注意が必要です。

シナモン

岩盤浴サイコー!

ディルはお散歩は大好きですが、ベランダにはあまり出ようとしません。

少し様子を見る程度です。

ディル

お外は大好きだけど、ベランダはなんかあやしい!

しばらく窓を開けておくと、自分から恐る恐るベランダに出ていきます。

うろうろ歩きながら日にあたっています。

トイプードル ベランダ 日光浴

ちなみにわが家では、地面が熱くなり過ぎないように、ベランダにサンシェードをはっていましたが、先日の台風で壊れました・・・

アイキャッチ ネクスガード スペクトラわが家では、愛犬のノミ・マダニ駆除とフィラリア予防は、ネクスガードスペクトラで対策しています 紫外線 空非公開: 紫外線の種類 UV-A波とUV-B波の違い。SPFとPAの意味とオススメの日焼け止めです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です